情報の選び方ひとつが明暗を分ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雑誌の広告記事だからといってバカにできない!

ネット社会の今、情報の早さと量の点から考えると、さすがにネットに勝るものはないかもしれません。「顔のこの部分がちょっと気になるから」と1人で悩んでいるときでも、スマホやPCでパパッと必要な情報を引き出せる手軽さ。ついつい私たちの生活自体もネット情報を頼ってしまう傾向にあります。
各クリニックのホームページも、比較するうえで大変便利なツールです。そこの院長が自ら書き込みをしているブログなどでは、的確なアドバイスやら日々、美容整形の手術を通して感じたことなども紹介されているので、ぜひ参考にしましょう。
また、雑誌の後ろの方に美容クリニックの記事広告が掲載されていることも多いですよね。どうせ広告だから・・・と飛ばし読みをしがちですが、こうした情報もバカにできません。年中、広告を出しているところは、「宣伝費もかかっているから、もうかっている証拠」ともとれますが、それだけではないんです。評判が悪かったり、何か問題があるようなクリニックの広告は、出版社側もクレームを受けるリスクがあるため掲載を拒否します。掲載されているところは、定評もあり、それなりに患者数も多いということ。
といっても、最終的に判断するのは患者さん自身です。どんな情報も鵜呑みにするのではなく、自分の目で情報の比較をして、どこが信頼できそうか選ぶ出すことが大切です。

近頃良く聞くワード、以下のWEBサイトで情報収集しましょう