医師の経歴のチェックポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

形成外科医、皮膚科医としての経験を積んだ医師がおすすめ

美容クリニックのなかには、形成外科や皮膚科医の専門医以外が、アルバイトで施術を行なっているところもあります。表から、こうした部分はわかりにくいこともありますが、たいていはクリニックのホームページで担当医の経歴が紹介されているので、専門の科目かどうかチェックできるでしょう。もし不明点があれば、直接クリニックに聞いてみることです。一般的に大学病院や総合病院などで経験を積んだ専門医は、技術力の点で安心できることも多いです。
ただし、専門医だからといっても、最低5年以上の経験はほしいところ。経験不足は技術にも速攻響いてくるので注意しましょう。知識もあって人あたりもよい医師は患者サイドから見ると、信頼できるポイントですが、美容整形で手術を行なう場合は、経験があればあるだけ腕は確かといえそうです。さまざまな症例に対する対応も慣れており、的確な処置を行なってくれます。
ただし、緻密な技術を求められる手術の場合、医師も老いには勝てないといわれています。ドイツのカリスマ医師が、晩年、からだの衰えから手術でミスを犯し、病院から追い出されるようになった話もあるほどです。医師の経験と年齢の成熟度から考えれば、40代、50代が妥当ではないでしょうか。もちろん若くても腕のいい医師はいますから、経歴と合せてチェックすることをすすめます。